木下裕一朗

※内容は、掲載時点のものです。

木下 裕一朗

YUICHIRO KINOSHITA

技術統括本部
研究開発部 開発1課

2016年入社
工学部
社会環境学科卒


一緒に新技術の
開発をしましょう!

応募の動機・入社を決めた理由を教えてください。


自社で設計から製作まで一から開発を行っているところに魅力を感じました。また、幅広い分野の知識と技術が身に着けることができ、スキルアップができると感じたことから入社しました。

現在の業務内容を教えてください。


私の所属している研究開発部は、主に橋梁やトンネル、路面などの構造物を安全かつ効率的に点検作業ができる車両や機器の設計・製作を行っています。現在私は、トンネル点検車両のメンテナンスや、トンネル点検システムの開発、路面性状測定装置の開発に携わっています。
開発は、3DCADなどで図面を作成するなどして設計しています。設計した物は3Dプリンターや金属加工機を使用し試作や製作を行っています。また、電子回路の設計も行っており開発に必要なことであればほぼ何でも行います。

仕事においてやりがい、達成感を感じるところを教えてください。


開発していく中で、日々新しい技術に触れられることが魅力だと思います。また、技術力が身についていると実感できることはやりがいに感じます。苦労して設計した物が形になり、正常に動作した時は達成感を感じることができます。

入社後に一番印象的だった出来事を教えて下さい。


海外に出張に行く機会があり、出国時一緒に行く予定だった先輩が出国出来なくなりとりあえず一人で出国することになりました。その後入国の荷物検査で持参していた調査機器が引っかかり別室に連れていかれたのは今でも鮮明に覚えています。その時はかなり焦りましたが今となってはいい思い出です。

オフの時は何をして過ごしていますか?


休日は家にいるともったいなく感じるので、基本朝から外に出て過ごすことが多いです。体を動かすことが好きなので、学生時代からしていたテニスを週一回してリフレッシュしています。社会人テニスサークルに入り、たまに試合にも出ています。その他には最近海釣りにはまっています。深夜から出発し、釣った魚を夕飯にしたいと思いいつも大物狙いで行っていますが今のところ全く釣れていません…いつか大物が釣れることを信じてめげずに頑張っています。