門屋透

※内容は、掲載時点のものです。

門屋 徹

TORU KADOYA

技術統括本部
調査設計部 調査1課

2020年入社
理工学部
都市環境工学科卒


安全第一で頑張ります!

応募の動機・入社を決めた理由を教えてください。


日常的に使用している公共施設(橋梁や道路)に興味を持っており、高速道路や橋梁などの調査・点検などに強い弊社に決めました。また、NEXCO西日本のグループなので様々な現場での作業が可能であり自分のスキルアップにも繋がると思い入社を決めました。

現在の業務内容を教えてください。


写真の業務は橋梁の基礎杭の杭長を確認することを目的に、衝撃弾性波による杭の非破壊調査(Sonic Integrity Test:SIT)を実施している写真です。
また、橋梁の振動や騒音、低周波などの調査を行い、工事や周辺環境の確認を行う業務も行っております。 その他には、橋梁上を走行する車両の重量や軸重等を測定する活荷重測定業務を行っています。これは道路構造物の維持管理に利用され、例えば、路線別のRC床版や鋼床版の疲労検討や、舗装の打換え検討などに利用されています。

仕事においてやりがい、達成感を感じるところを教えてください。


1年目では様々な現場作業を経験したので、他部署の同期に比べると比較的早く仕事の流れを理解することができ、また、仕事はチームで行っているため、社内作業も現場作業も、一人ひとりが責任感を持って業務に取り掛かることで、完了したときはチーム全員で達成感を感じることができます。

働く上でのモットーを教えてください。


入社2年目で分からないことも多いですが先輩や客先から言われたことだけでなく、プラスαで返せるように心掛けています。

将来の目標を教えてください。


技術士など土木に関係する資格を習得してスキルアップを目指し、一人前の技術者として客先からも指名して頂いて仕事を受けれるようになれば良いと思っています。