横田太

※内容は、掲載時点のものです。

横田 太

FUTOSHI YOKOTA

IT技術部
技術2課

2018年入社
工学部(情報)卒


先端技術を
現場のあたりまえにする。

応募の動機・入社を決めた理由を教えてください。


大学にて研究活動をしていましたが、論文を書くよりも製品開発に興味が出てきたため、面白いものを作れそうな会社を探していました。また、裁量の大きさや、ユーザーと直接やりとり出来るという点で、規模の小さい企業を希望していて、この会社がマッチしました。

現在の業務内容を教えてください。


現在人手をかけて実施しているインフラ構造物点検について、先端技術の研究・開発を行い省力化・自動化を進めています。
主に研究・開発している技術は、Deep learningを用いた画像解析や3次元点群解析、SLAM・SfMを用いたビデオ映像の3次元解析になります。人による目視点検を置き換える用途では主に可視カメラ画像を対象としていますが、それ以外にも赤外線画像やLiDARといった非破壊検査に有用な機材も使用しています。
最近ではドローン向けの技術開発も行っています。

仕事においてやりがい、達成感を感じるところを教えてください。


新しいことに挑戦して、途中で失敗を繰り返しながらも最終的に上手くいき、インフラ管理の現場での問題を解決できたときに達成感を感じます。自分で手を動かしてプログラムを作成していくので、スキルの向上が実感しやすいです。

会社のいいところを教えてください。


新しいことへの挑戦を後押ししてくれる。難しい問題や失敗しそうな問題であっても、 目標を立てて提案すれば、挑戦させてくれる。年に2回、新しい技術開発を提案できる場が用意されていて、社員の誰でも参加できます。

働く上でのモットーを教えてください。


【失敗を恐れずに新しいことに挑戦し続ける。】
“成功しそうなこと”よりも“失敗しそうなこと”に挑戦する。
【人との繋がりを大事にする。】
最新技術を使っても、一人では出来ないことや知らないことはいくらでもあるので、一緒に働いてくれる人を大事にする。